お問い合わせフォームへ DMC aizeホームページへ 電子クーポンクラウドサービス
にぎわう観光客

サービスについて

新型コロナウイルスの影響を受けている事業者の支援や、地域経済活性化の目的で、全国の自治体でプレミアム付商品券が発行されております。
多くの自治体が、紙の商品券を発行している為、商品券販売対象が地域又は近隣地域の住民に限定され、地域に来訪する地域外の訪問者や観光客の誘客に有効活用出来ていない状況にあります。
商品券を電子化する事により、販売チャネルが限定されず、地域外の顧客も商品券が購入可能になり、地域外から来訪計画している訪問者や観光客の誘客が促進され、地域振興及び地域活性化に寄与することが期待できます。
また、電子クーポンは、地域の情報発信や、将来的には地域通貨発行など地域経済デジタル化の基盤として拡張が可能の為、自治体DXや、デジタル田園都市国家構想などデジタル化を促進します。
にぎわう観光客

サービスについて

新型コロナウイルスの影響を受けている事業者の支援や、地域経済活性化の目的で、全国の自治体でプレミアム付商品券が発行されております。
多くの自治体が、紙の商品券を発行している為、商品券販売対象が地域又は近隣地域の住民に限定され、地域に来訪する地域外の訪問者や観光客の誘客に有効活用出来ていない状況にあります。
商品券を電子化する事により、販売チャネルが限定されず、地域外の顧客も商品券が購入可能になり、地域外から来訪計画している訪問者や観光客の誘客が促進され、地域振興及び地域活性化に寄与することが期待できます。
また、電子クーポンは、地域の情報発信や、将来的には地域通貨発行など地域経済デジタル化の基盤として拡張が可能の為、自治体DXや、デジタル田園都市国家構想などデジタル化を促進します。

導入のメリット

・利用者層の拡大
地域外住民へインターネットを通じてクーポンの販売を行う為、地域外住民への販売が容易に行え、地域外から来訪する訪問者や観光客の誘客が促進されます。(地域住民に限定した電子クーポンの発行も可能)

・管理コストの削減
紙と比較して商品券の印刷費、郵送費、販売窓口の人件費などのコストの削減や、電子化する事により自動的にデータが集計、管理される為、紙の商品券を集計や換金振込作業が無くなる為、運営事務局の負担が大幅に軽減します。

・地域のマーケティング施策への活用
電子化により、いつ、どこで、いくら利用されたのか等のデータをさまざまな角度で分析出来ます。また、将来の様々な事業(電子商品券の他に地域通貨や地域ポイント、デジタル給付など)の、地域経済デジタル化の基盤として拡張する事も可能です。商品券の利用だけでなく、地域の情報発信などにもご利用頂けます。

・スマートフォン等で全て完結利便性の向上
電子商品券はインターネットで販売するため、購入の際、販売窓口に出向く必要がなくなります。また、商品券を常に持ち歩く必要がなくなります。

・1円単位での利用が可能
紙の商品券は一定額(1,000円券等)単位で、その額面以下のものを買うとお釣りがもらえないのが一般的です。一方で電子商品券は利用者は一定額毎(1,000円券等)の利用でなく1円単位での利用が可能になり、日常の少額決済で利用できます。

・非接触による感染症対策
電子商品券はインターネットで販売する為、紙幣や商品券の受け渡しが発生せず、利用者と販売員との非接触を実現できるため感染拡大防止対策として有効です。

・管理・確認・集計作業の負担軽減
紙の商品券の場合、商品券の枚数集計、換金清算という作業が発生しますが、電子商品券ならオンラインですべての手続きが完結する為、時間的・人的コストを削減することができます。
スマートフォンが有れば加盟店への初期費用の負担はありません。

・新たな顧客層の開拓
インターネットで販売するため、加盟店の地域外からの観光客や訪問客といった新たな顧客層の開拓ができます。

・非接触による感染症対策
電子商品券はインターネットで販売する為、紙幣や商品券の受け渡しが発生せず、利用者と販売員との非接触を実現できるため感染拡大防止対策として有効です。

導入のメリット

自治体
(運営事務局)
自治体(運営事務局)
・利用者層の拡大
地域外住民へインターネットを通じてクーポンの販売を行う為、地域外住民への販売が容易に行え、地域外から来訪する訪問者や観光客の誘客が促進されます。(地域住民に限定した電子クーポンの発行も可能)

・管理コストの削減
紙と比較して商品券の印刷費、郵送費、販売窓口の人件費などのコストの削減や、電子化する事により自動的にデータが集計、管理される為、紙の商品券を集計や換金振込作業が無くなる為、運営事務局の負担が大幅に軽減します。

・地域のマーケティング施策への活用
電子化により、いつ、どこで、いくら利用されたのか等のデータをさまざまな角度で分析出来ます。また、将来の様々な事業(電子商品券の他に地域通貨や地域ポイント、デジタル給付など)の、地域経済デジタル化の基盤として拡張する事も可能です。商品券の利用だけでなく、地域の情報発信などにもご利用頂けます。
利用者
利用者
・スマートフォン等で全て完結利便性の向上
電子商品券はインターネットで販売するため、購入の際、販売窓口に出向く必要がなくなります。また、商品券を常に持ち歩く必要がなくなります。

・1円単位での利用が可能
紙の商品券は一定額(1,000円券等)単位で、その額面以下のものを買うとお釣りがもらえないのが一般的です。一方で電子商品券は利用者は一定額毎(1,000円券等)の利用でなく1円単位での利用が可能になり、日常の少額決済で利用できます。

・非接触による感染症対策
電子商品券はインターネットで販売する為、紙幣や商品券の受け渡しが発生せず、利用者と販売員との非接触を実現できるため感染拡大防止対策として有効です。
加盟店
加盟店
・管理・確認・集計作業の負担軽減
紙の商品券の場合、商品券の枚数集計、換金清算という作業が発生しますが、電子商品券ならオンラインですべての手続きが完結する為、時間的・人的コストを削減することができます。
スマートフォンが有れば加盟店への初期費用の負担はありません。

・新たな顧客層の開拓
インターネットで販売するため、加盟店の地域外からの観光客や訪問客といった新たな顧客層の開拓ができます。

・非接触による感染症対策
電子商品券はインターネットで販売する為、紙幣や商品券の受け渡しが発生せず、利用者と販売員との非接触を実現できるため感染拡大防止対策として有効です。
電子(デジタル)化のハードルであるデジタルに不慣れなシニア層への配慮として、紙クーポンも使用する事が出来ます。紙クーポンは、電子クーポンと同様にQRコードを加盟店へ提示するだけで決済(1円単位で残高管理)する事が可能です。若い世代もシニア層も、それぞれに適した使い方ができます。
アウトソーシングで自治体様の負担軽減
アウトソーシングで自治体様の負担軽減

運営事務局サポートサービス

自治体様のご要望に応じてご提案・サポートが可能です。
商品券の広告宣伝から商品券販売、加盟店への精算業務に至るまで、プレミアム商品券事業の一連の業務を幅広く承ります。
問い合わせ対応コールセンター
加盟店向け説明会の運営・実施
販売促進広告宣伝サポート
商品券の換金清算業務(加盟店への振込)

お問い合わせ先

株式会社DMC aizu 東京事務所
電子クーポンクラウドサービス担当

電話番号 : 03-6812-3366
平日 : 09:30 ~ 18:00

よくある質問

Q申込からどのくらいで始められますか?
A初めてのご利用の場合は3か月程度、2回目以降は1か月程度で運用開始が可能です。
Q事務局としての対応は可能でしょうか?
Aはい、プレミアム商品券事業の一連の業務をお任せ頂けます。お気軽にご相談ください。
Q加盟店に専用の端末など必要になりますか?
A専用端末は不要です。店舗決済用のQRコードをレジ付近に置いて頂くのみです。
Q紙面の商品券(紙クーポン)の対応は可能でしょうか?
Aはい、可能です。
印刷用紙(コピー用紙)などの紙にQRコードを印刷し使用する事が出来ます。印刷された紙クーポンは、電子クーポンと同様にQRコードを加盟店へ提示するだけで決済(1円単位で残高管理)する事が可能です。
従来の紙クーポンとは異なり一定額毎(1,000円券等)でなく、利用額をシステムで残高管理する為、電子クーポンと同様に1円単位で利用可能です。また、紙クーポンを運営事務局や加盟店で回収集計する必要はありません。

お問い合わせフォーム

※ご住所は正確に入力してください。(マンション名・○○様方 etc)
「個人情報保護方針」に同意いただいた上で「確認」ボタンをクリックしてください。